葬式

通夜

日本の伝統的な葬式では、まず通夜が営まれます。亡くなった人の遺体のそばでひとときを過ごし別れを惜しむために催されます。

通常は夕方の6~7時ごろから開始され、9~10時ごろにはお開きになります。通夜に駆けつける場合には、読経の始まるまでに到着できるようにしておきましょう。焼香の後や僧侶の退席を目安にして、辞去することも可能です。

通夜は正式な葬儀ではないので、正装する必要はありません。スーツやワンピース、なるべく地味なものを身につけましょう。女性の場合、アクセサリーは身に着けないのが無難です。

通夜の場合、席次には特別決まったルールはありません。しかし一般的には、祭壇の向かって右奥から喪主、遺族、近親者、友人といった感じで徐々に関係の遠い人が座っていく感じです。弔問客は先着順になります。

葬儀・告別式

通夜の翌日などに一般的に開催されるのは、葬儀・告別式です。葬儀とは遺族や近親者といったごく限られた人が参列するもので、告別式は生前親交のあった人も広く参加するスタイルになります。

葬儀と告別式は本来別途で行われるものなのですが、最近では同じ日に開催されるので葬儀・告別式といっしょくたに紹介されることが多いです。葬儀・告別式に参列するときには遺族は、男性はモーニングもしくは紋付を着用します。女性の場合はフォーマルウェアもしくは着物を装着します。ちなみに男女ともに黒の服装にします。

一般会葬者の場合、略した礼服でも問題はありません。喪服でなくてもOKで、黒やグレー、紺といった地味な装いでまとめるようにしてください。ちなみに女性の場合、葬儀・告別式でもアクセサリーの類は身に着けない方がいいでしょう。

葬儀・告別式の席次も基本的には通夜と同じだと思ってください。斎場で執り行われる場合、係員がついているはずです。彼らの指示に従って着席すれば問題はないはずです。

焼香のやり方

日本の伝統的な葬式では、お焼香は欠かせません。お焼香をする時には、数珠が欠かせないので参列するときには持参してください。

自分の順番が来たときには、まず次の人に会釈をして、僧侶と遺族に対して焼香台の前で一礼します。そして故人の写真を見て、一礼します。

香箱にお香があるはずなので、右手の親指と人差し指、中指を使って少量を摘み上げ、香炉の中に落とします。ちなみに回数に関しては宗派や地域によって違いがあるので、1回で済ませてしまって構わないでしょう。焼香の済んだところで合掌して、一例をしてから後ろに下がって、左右に一例をして、自分の座席に戻ります。

このような感じで焼香を済ませてください。しかし焼香で大事なのはあくまでも、故人の冥福を祈ることなのであまり型にこだわり過ぎなくてもいいです。

>>お焼香のやり方は?基本的なマナーを徹底解説!

変化を続ける日本の葬式

古くから行われてきた日本の伝統的な葬式も、時代と共に大きな変化がみられるようになってきました。

例えば、親しい身内や親族だけで行う「家族葬」や、元気なうちに感謝の気持ちを伝える「生前葬」、自由な形で葬儀の内容を決める「無宗教葬(自由葬)」など、現代は様々な形で葬式が行われています。

これらの葬儀の具体的な内容な費用に関しては、執り行う葬儀社や地域などによって大きく異なるため、万が一の事態に備えて事前に調べておきましょう。

>>葬儀・お葬式は信頼の葬儀社【公益社】

このように葬式や葬儀の形が多様化したのは、世間の死生観や価値観、金銭感覚などの変化が大きく影響しているといえます。先に紹介したような伝統的な葬儀は、規模にもよりますが数百万円近い費用が掛かることが珍しくありません。

そのため、現代のような不景気と呼べる時代おいては、家族葬のような簡素な形で安く済ませたいと考える人が多くなるのも当然と言えるでしょう。