空手

沖縄発祥の格闘技

日本伝統の格闘技の中の一つに、空手があります。
空手とは当時琉球王国と呼ばれた沖縄で発祥した格闘技のことで、
手足を使った打撃技を中心としているのが特徴です。

空手のルーツに関しては、諸説ありますが一般的には「ティー」と呼ばれる
沖縄オリジナルの拳法に中国武術が加わって、さらに日本武術の影響を受けながら
独自に発展していったものとされています。

当所は沖縄の武術であったのですが、大正時代に入ると他の道府県にも伝わって、
第二次大戦後には世界各地に広まっていきました。

現在の空手というと、打撃技を中心としたものというイメージを
持っている人もいるでしょう。しかしもともと沖縄で発展していく過程の中では、
関節技や投げ技の要素も含まれていたといわれています。

また空手の修業をするにあたって、棒術や釵術、
ヌンチャク術といった武器を使った技術をマスターする修行もあったといわれています。
ですから空手は本来、より総合格闘技色の濃い競技であったとも言えます。

空手の競技

空手にはいろいろな争い方があるのもほかの格闘技にはない特色といえます。
通常格闘技というと、対戦相手が戦って、その優劣を競うのが一般的です。
空手にも組手と言って、どのような相手との戦いの中で勝敗を競うというスタイルもあります。

しかしその他にも、型の試合というのもあります。
型の試合とは、技の美しさなどで競う競技のことをさします。
型で勝敗を決するというスタイルは、なかなか他の格闘技で見られるスタイルではないはずです。

また組手に関しても、いろいろなスタイルがあります。
たとえば寸止めスタイルの試合というのも伝統は空手の中には見られます。

寸止めというのは、実際に相手の体に攻撃を当てません。
極めと言われますが、相手が驚くような力の集約を行わないといけません。
ちなみに力や速度の制御ができずに、実際に相手に攻撃を当ててしまうと
寸止めルールの場合反則になってしまいます。

一方でフルコンタクト空手と言って、寸止めなしで相手の体を攻撃する競技もあります。
生身の体だとダメージが大きいので、防具を使ってフルコンタクト空手を行う競技も
見られます。

空手の始め方

空手に興味があって初めてみたいと思っている人はいませんか?
その場合には、日本全国の空手教室や空手の同情がありますので、
通えるような所にないか確認してみることです。

空手には興味があるけれども、年齢が行ってしまったので
自分はもう無理と思っている人はいませんか?
しかし空手は、結構年齢が上の人でも始められるスポーツです。

中には60歳で空手を始めて、65歳には初段をとったという人もいます。
選手として戦うのには年齢の限界があるものの、
空手を学ぶのはいくつになってからでも可能です。