相撲

a2514f083ada9968ff50037bd8e11393_s

相撲とは

日本の伝統的なスポーツの中の一つに相撲があります。
日本国内はもちろんのこと、海外でも日本の伝統的な格闘技としてその名は広く知られています。

相撲という言葉は日本語の「すまふ」から来ているといいます。
争うという意味合いのある動詞です。
素手でまわし1枚の状態で相手と戦い、足の裏以外を土俵につけるもしくは土俵の外に出すことで決着を見ます。

歴史的にはかなり古く、弥生時代の稲作を行うときに農耕儀礼の一種としてすでに相撲の原型はあったといわれています。
ですから最初は一般庶民の間で起きた形式が発展して、現在に至っているといえます。

奈良時代のころには天皇家にこの一般庶民のスタイルが取り上げられるようになって、年中行事の中に組み込まれたといいます。
当時は七夕の余興として行われていたといわれています。

その後平安時代になると、国占と言って、農作物のその年の収穫状況を占うための国家行事になりました。
このような宮廷の儀式は、300年程度続いたとされています。

この300年間の間に技などが洗練されていって、現在の格闘技の形式に近づいて行ったといわれています。
その後江戸時代になると勧進相撲が盛んになって、職業相撲が洗練されていったわけです。

相撲の立合い

相撲は立合いと言って、こぶしを土俵についた状態で対戦相手と目を合わせてぶつかっていきます。
このような形式で競技がスタートするのは、世界中を見ても相撲以外に類を見ないです。

通常審判やレフェリーと呼ばれる人たちが、競技の開始を知らせることがほとんどです。
ところが相撲の立合いの場合には、対戦相手が暗黙の合意をしたタイミングで戦いが始まるわけです。

ですからお互いに仕切りを繰り返して、気分が十分高揚したところで戦いを開始してもいいわけです。
しかしこれだと、いつまでたっても勝負の始まらない可能性も出てきます。

興行のことを考えると、そう長時間一つの勝負に時間をかけるわけにはいきません。
そこで現在の相撲では一定の時間制限を設けています。
「制限時間いっぱいになりました」とよくテレビ実況でアナウンサーが言いますが、これも制限時間を設けているからこそです。

相撲のチケットの購入

相撲は年間6つの本場所の他にも、地方巡業が行われます。
いずれもチケットを購入するためには、インターネットのチケット販売サイトにアクセスして購入できます。

相撲には、升席というものが用意されています。
升席では幕の内弁当などを食べながら相撲観戦できるのが魅力です。

升席に関しては、どこでもチケットを購入できるわけではありません。
相撲案内所でしか取り扱っていないので、ホームページにアクセスすることです。
弁当やオリジナルグッズとセットになったお土産セットも販売されていて、初めての相撲観戦のいい思い出になるでしょう。