交通規則のマナー

日本とアメリカの交通ルール

車の運転を中心とする交通規範は、その国によってかなり大きな違いがあります。
日本においては車は左車線、右が歩行者という原則のもと交差点や信号が設計されています。

しかしアメリカにおいては全く逆の右側通行となっており、
さらに信号についての認識もだいぶちがっているようです。

例えば日本の信号についての認識では、進行してよいのは青信号もしくは
変わりかけた頃の黄色信号のみであり、車が他にいるいないにかかわらず
赤信号のときには車は停車をしていなければいけません。

しかしアメリカでは例え赤信号であったとしても周囲に車がおらずに
安全が確認できるのであれば右折進行できるようになっています。

ただし全ての赤信号でもOKというわけではなく、「NO turn on Red」という標識
がある場合には日本同様赤信号のときは止まっていなければいけません。

アメリカ独自の交通ルール

他にも、アメリカ独自の交通ルールとして「カープルーレーン」というものがあります。
アメリカのフリーウェイにはカープルーレーンという菱型のマークがついた道路があります。
これは渋滞緩和のために作られたもう一つの道路のしくみで、1台の車に2名以上が
乗車している場合のみこのレーンを走ることができるようになっています。

もし1名乗車の車がこのレーンを走った場合には、すぐに警察官が追いかけてきて、
200ドル以上ともなるかなり高額の罰金を請求されてしまいます。またレーンは入り口と出口が
標識で指示されているので走行中に勝手に抜けるようなこともしてはいけません。

オートバイやハイブリッド車など例外的に1人でも走行できるカープルーレーンがありますが
、地域によって法律が違っていることも多いので、もし国際免許を利用してフリーウェイを
走行するときには十分に気をつけておいた方がよいかもしれません。

パトロールカーの性能

車社会アメリカにおいてはパトロールカーもかなり優秀です。
パトカーは日本と違って違反者がいてもサイレンを鳴らすことなく、
ハイビームと回転灯をつけて停車を要求してきます。

そのためかなり近くにまで近づかないとその警告に気が付かないということもよくあるようです。
もし停止を命令されたら、安全を確認しつつ速やかに車を停車させましょう。

このとき特に注意すべきなのが、
停車してからは警官が降りて指示を出すまで外に出ないようにするということです。
警官が近づいたときには両手をきちんとハンドルにおき、よく見えるようにしましょう。
手が見えないと銃を隠していると思われ思わぬ扱いをされてしまうこともあります。