日本人はここに注意。逆の意味になるマナー

コミュニケーションの違い

中学校で習う英語の会話では、日本での「はい」「いいえ」が
英語では正反対の意味になってしまうことがあるので注意がいることを教えられます。
このように日本人同士では普通になされている行為も、外国人にとっては
それが全く反対の意味としてとられてしまうことがよくあります。

例えば会話をするときの視線がよい例でしょう。
アメリカなど議論を主体としたコミュニケーションをする国の人では、
話をするときはしっかりと相手の目を見て話すのが一般的です。

ですが日本人同士のマナーでは、あまりにもしっかり相手の目を見つめるのは
失礼とされることもあるので、定期的に視線をそらせたり、目を見つめるのではなく
額などに視線をあてるようにしています。

会話中に視線をそらすという行為は、時に不誠実さや不まじめな態度として
うつってしまうことがあるので、まず会話では相手をよく見るようにするようにしましょう。

意思表示の違い

また、日本においては物事についてはっきり口に出すのは失礼という
考え方があるため、はっきり「Yes」「No」を言いたがらない傾向があります。
「いる」「いらない」をはっきり言わないことで相手に余計な誤解を与えてしまったり、
またやってほしいことを上手に伝えることができなかったりします。

例えば自分が通りたいドアの前に外国の人が立ちふさがっている場合、
ちょっと姿を見せたりして相手に察してもらおうという態度では、どいてもらうことはできません。
これは相手に思いやりがないというわけではなく、海外においてはして欲しいことは
きちんと言葉を通して言われるのが当然となっているためです。

気づかないなんて不親切な人だというのではなく、言われないのでしなくてもよいと
思っているだけで、声をかけられれば親切に道を譲ってくれるはずです。

親切行為の違い

さらに欧米においては力の弱い老人や女性、
障がいを持った人に対しての配慮精神がとても広くなっています。

日本人はあまり見えるところで親切行為をするのは恥ずかしいと思う傾向がありますが、
海外では親切をすることを恥に思うようなことはありません。レディーファーストや
老人などへの席を譲るなどの行為は、むしろ気づいていているのに行わないのは大変な失礼です。

反面で個人主義が浸透している欧米においては、あまりにも過干渉されたりすることを好みません。
親切にするのはよいのですが、相手のプライドを傷つけることがないような配慮もまた必要です。
ともあれ、できるだけ積極的に言動をすることが海外の人との上手な付き合い方と言えるでしょう。