浴衣

若い年代が積極的に利用するように

夏になると花火見物やちょっと遊びに行くという時でも、ゆかたを若い世代がどんどん着るようになっています。
お店によってはゆかたを着てきた人に割引や特典などのサービスがある、という所も夏は非常に多くなるので、積極的にゆかたを楽しんでほしいです。

ゆかたは正式に「湯帷子」(ゆかたびら)といい、本来貴人が沐浴時に着用していた麻の単位の事です。
こうした沐浴の際に利用していたゆかたを、庶民の間でも着用するようになったのは、室町末期から江戸初期にかけての事です。
当時、盆踊りなどが流行し、華やかで涼しげなゆかたを利用するようになったのです。

ゆかたといえば温泉場で下駄をからころと鳴らしながら着ているイメージもありますが、温泉場、観光地で利用されるようになったのは元禄です。
当時、木綿栽培に成功し、また絹は庶民が着てはいけないと決められていたので、木綿のゆかたが一躍庶民に広がったというわけです。

湯上り着として、夏の日常着として定着したゆかた

木綿のゆかたを庶民が利用するようになったのは、湯上り着として以外にも理由があります。
木綿で汗の吸い取りがよく、男性も女性も、大人も子供もやわらかい素材のゆかたを寝巻にすると気持ちがいいと利用する事が多くなり、また夏の暑い日、涼しく汗の吸い取りのいいゆかたはお出かけの際、最高の日常着、外出着となりました。

また使い古したゆかたは水分の吸い取りもよくやわらかで肌触りもいい、という事から、赤ちゃんのおむつに仕立て直しをして利用していました。
赤ちゃんの肌にも木綿のゆかたの使い古しは最高の使い心地だったことでしょう。
しかしおむつにして最終的には廃棄するという事になるので、残念ながら着物のようにアンティークとして残ったものは少なく、ごくわずか、博物館などに残っているのみとなっています。

若い世代に受け入れられたゆかた

洋服以外町の中で見ることが少なくなった現代、しかし夏になるとゆかたを個性豊かに着こなした若者を多く見かけるようになりました。
平成2年あたりからゆかたブームが継続しているのです。
昔ながらの柄付けのゆかたを粋に着こなす若者もいますが、派手な柄で帯もレースやオーガンジーが着いた新しい物を利用し、自分らしさを前面に出して自由な着こなしをしています。

着物だと気軽に着用するという事は難しいのですが、ゆかたは簡単に着用できますし、作り帯などもたくさん販売されていて、気軽に着用できるようになっています。
ゆかたにサンダルをあわせたり、短い丈のゆかたを着てみたり、若い人が自由にゆかたを楽しむ姿を見ると、それはそれで素敵だなと感じるものです。
堅苦しく考えず、楽しく着用できる和服・・・と考えて積極的に利用してほしいです。