訪問着

未婚者も既婚者も着用できる社交着

訪問着は社交着です。
未婚者でも既婚者でも誰でも着用できます。
フォーマルな場面、結婚披露宴へのお呼ばれ、食事会、他家への訪問等、改まったお席へ訪問される際に利用できる便利な着物です。

おしゃれ着から格式の高い柄行のものもありますので、やはり行く場所、TPOをしっかりと把握して着用していくことが求められます。
訪問着には通常、袋帯をあわせていくことが基本となります。

絵羽模様で呉服屋さんでも仮仕立てされたものが販売されています。
絵羽模様は白生地に着物の形を仮に書き、そこに下絵の文様を付けていきます。
下絵を付けたら再度一枚の布に戻して、下絵通りに友禅染などで染めていきます。
こうした技法を利用することによって、裾、袖、身頃、衿から肩などの柄が縫い目を渡り描かれることとなり、豪華な印象の柄付けとなるのです。

訪問着と留袖、付け下げの違い

訪問着は裾全体、さらに袖から身頃、衿から肩に柄が繋がる着物です。
例外はありますが、ほとんどの場合、こうした柄付けとなっています。
お店では仮絵羽の状態で販売されています。

留袖は裾だけに模様があるのが大きな特徴で、腰から下は模様が入っていません。
留袖も通常、仮絵羽で販売されます。

付け下げは反物で染めつけられているのが特徴で、袖から肩にかけて柄が繋がらないという特徴があります。
このような柄の違いでも、訪問着の特徴がよくわかります。
しかし現代では全体が総模様となっている訪問着もありますし、付け下げに近い模様の訪問着も登場しています。
様々な楽しみ方が出来るようになっているのです。

多様だからこそ気を付けたいTPO

訪問着は現代、様々な柄付けの着物が多くなっているので、どこに着ていくのか、という事をよく考慮し、柄行き、格調、記事などを理解し華やかなパーティーなどのフォーマル向きのもの、おしゃれ向きの訪問、さらに控えめな印象が必要な訪問など、行く場所によってTPOをしっかりわきまえるという事が重要です。
フォーマル向け訪問着でも紋をつけることで準礼装として利用することもありますし、紋を付けず帯の合わせを気軽なものとすることで同窓会やお食事会などに向いた訪問着にすることもできます。

但し、柄付けの格によりどこに着ていける訪問着なのかをよく理解することが必要です。
わからない場合、行く場所、利用する際に、着物専門店の方に助言を仰ぐといいでしょう。

注意しておきたい紬のこと

非常に人気のある紬の着物、最近は大島紬、結城紬など、紬を利用した訪問着を利用される方が多くなっています。
紬の着物は着物によって非常に高価なものとなる事も多いので、訪問着として利用してもいいのでは?という見解もあります。
定義そのものがはっきりしていない紬の着物は、着物をよく知る人が見ると、あくまでも普段着として捉えられる事が多いのです。

元々、仕事着として利用されていたという歴史があります。
紬はその技法から非常に丈夫で、色柄が素朴であり、硬い生地で作られている着物です。
野良仕事などで利用されてきたという事もあるので、紬はあくまでも普段着としてみる方が多いのです。

しかし大島紬など非常に手が込められており、美しく他にはない魅力を持った高価な紬の着物は、近年、絵羽模様として染めて作られる着物もあり、これらは紬の訪問着と呼ばれています。
パーティーに着用していく方もいます。
ただし、格式ある結婚式に出席される際、有識者がいれば結婚式なのに紬は普段着でしょう?と家事てしまう方もいますので、紬の着物は招待していただいた先の事をよく考え得て利用する・・・と考えておく方がいでしょう。