留袖

結婚したら着用するようになる留袖

振袖は未婚女性の象徴、留袖は既婚女性の象徴です。
結婚されている女性が着用する着物の中で最も格式の高い着物であり、振袖の長い袖を落としたものなので、振袖に対して留袖と呼ばれています。
家族やごく近しい親戚の結婚式などの際に利用する黒留袖、色で染めてあるのが色留袖です。
黒留袖は既婚者が着用する物ですが、色留袖は未婚女性も着用できる着物です。

留袖は、左右の裾部分、褄と呼ばれる部分に模様を付けていることが多く、袖振りが小さいのが特徴です。
振袖を降るしぐさなど、長い袖を利用して愛情表現する振袖と違い、独身男性に気持を伝える事がない既婚女性には長い袖は必要ないということで、袖を留めるのです。

実際には袖を切り短くするのですが、切るという言葉を利用すると「縁を切る」という事を連想させるため、袖を留めるという言葉を利用し留袖といっています。
黒留袖は前左右、袖左右、背中と、5つの家紋を入れます。
五つ紋の黒留袖は身内の結婚式などに利用する着物です。

留袖の歴史

留袖の歴史も、振袖同様、江戸時代にさかのぼります。
女性が18になったとき、また結婚した時、振袖の長い袖を着るという風習があり、これが留袖の始まりといわれています。
当時、留袖は風習としてあったものの、既婚女性が普段着として着用する着物の事だったのです。

しかし19世紀初頭、黒く染めた着物に紋を5つ入れて、裾に模様を入れた着物を、既婚女性が式服として着用するようになり、これが広く世間に広まりました。
これもまた風習でしたが、広く世間に留袖という言葉が広がったことで、普段着ではなく格式の高い着物として、留袖と呼ばれるようになったのです。

受け継がれる着物としての役割

黒留袖は非常に格式の高い着物で、身内の結婚式、披露宴の時以外着用しません。
結婚式であっても仲人、新郎新婦の親、姉妹など近親者のみが着用できる着物です。
前左右、背中、袖左右、5つに紋をいれ、衿、裾が2枚に見える比翼仕立てで着用します。

色留袖は黒留袖のように規則がなく、未婚・既婚を問わず着用できますが、着ていく場所によって紋の数が変化し、比翼仕立てにする必要があるかどうかがきまります。
色留袖は黒留袖よりも気軽に着用できるとはいえ、どこに着ていくのか?によって、着用の仕方を変えるものといわれてきました。
しかし最近は、それほど規則を気にせず気軽に着用されることも多くなり、お祝いの気持ちをもって参加する所であれば、色留袖はどのような場面にも着ていける着物とイメージされる方が多い着物です。

振袖の袖を留めて(切って)留袖にする、この時に留めた袖をとっておき、第1子誕生の際には、その赤ちゃんの産着として利用するという風習もありました。
現在ではこうした、受け継ぐ、という事を行っているご家庭は少なくなっていますが、これから結婚される方は、こうした風習を利用し、産着として仕立てて、お写真だけでも撮っておかれると思い出になるでしょう。