手の込んだ美しい日本の伝統「紬」

紬の着物は非常に手が込んでいて、古くから日常着として利用されてきました。
蚕の繭から糸を紡ぎ、よりをかけて丈夫な糸にしてから、反物として織っていく絹織物、それが紬です。
非常に手間と根気のいる作業で、現在紬は非常に注目されている織物です。
深い味わいのある紬は、年齢を問わず着こなす事の出来る着物で、今、おしゃれ着として活用される方も多くなっています。

紬のいいところは着物にある「堅苦しさ」が少ないという点でしょう。
非常にしっかりした丈夫な糸で織りこまれているので、パリッとしたイメージでしっかりしています。
きっちり着るのではなく、少しラフに着付けする方がカッコよく、おしゃれに着こなせる着物です。
通常の布よりもごわつく、硬いというイメージを持つ方もいますが、何度も着ていくうちに次第にごわつきなども無くなり、風合いのいい体になれた着物になっていきます。

紬の種類

紬というと大島紬が有名ですが、その他、米沢紬、塩沢紬、郡上紬、上田紬等種類があります。
最近海外からも注目されているのが大島紬です。
蚕の繭から糸を紡ぎ、それをよって丈夫な糸に仕上げて、さらに編み込んでいくという手間のかかる作業なので、大島紬が一つの商品となるためにはなんと1年もかかるのです。

しかし美しく深い色味を持ち、非常に品のある紬になります。
非常に高価な着物で、若い時には持つことが出来ない着物ですが、年齢を重ねてからでもいいから、1枚欲しいという大島紬ファンは非常に多いです。

米沢紬等他の紬については、日常的に着用する際に邪魔にならない柄の、格子、縞などの柄付けが多いので普段着として気軽に着てほしい着物です。
色無地の紬も登場していて、この色無地の紬は単色なので帯などを合わせやすい、コーディネイトしやすいと若い世代にも人気のある着物となっています。

働き手が着る着物から最高級のおしゃれ着へ

その昔、日本では身分制度があり、身分によってきていい衣服と着てはいけない衣服があったという事はご存知でしょうか。
江戸時代にこのようなばからしい制度があったのですが、紬は粗悪品といわれる繭糸を利用し、織り上げた着物で質素な物だと思われた事から、当時働き手となっていたお百姓さん、町人の方々など、身分が低いとされた人たちでも着用していい着物とされていました。

現在は大島紬を筆頭に、その伝統と高い技術力が好評化され、紬は働き手が着用する普段着から、おしゃれ着、さらに紬によっては社交着としても利用できるほどになったのです。
総シルクで作られている紬は、現在もカジュアルなものといわれることが多いのですが、帯、小物などに気を使ってコーディネイトすれば、セミフォーマルに対応できる着物です。

但し、古くから仕事着、普段着として利用されてきた歴史があるため、正式な茶会、パーティーなどの場面できていくことは相手に失礼という人もいます。
この場合、色無地で一つ紋の紬は例外で、正式な場所にも着ていくことができます。