振袖

日本文化の象徴といえばやっぱり着物です

日本文化の象徴といえば着物です。
ただ現在着物は普段着として利用されることが少なくなり、お呼ばれの席や法事等の席で着用するというイメージが強くなっています。
しかし、着物というのはどこに着て行っても胸を張れる日本文化の象徴ですから、若い人ももっと着物に興味を持っていただきたいと感じます。

女性の体形を表に出すという服装ではありませんが、着物は女性らしい雰囲気を強く出してくれるもので、襟元から覗く襟足や袖から見える細い手など、女性の美しさを表現する服でもあるのです。
種類や素材などによって、切る場面を選ばなくてはならないという事もありますが、洋服にもTPOがありますし、覚えてしまえば着物はとても便利な服装となります。

振袖とはどんなものなのか

振袖というのは袖が長いもので通常、未婚女性が着用する着物です。
袖は大きなもので114cmあり、くるぶしまで落ちるほどの長さです。
未婚女性を美しく引き立てる華やかな振袖は、現在、成人式になくてはならないものですし、結婚式へのお呼ばれ、もちろん花嫁が未婚最後の衣装として着用しますし、舞台でも活躍します。

振袖は袖の長さによって大振袖と中振袖、さらに小振袖に分けられ、その文様も美しく艶やかなものが多く、四季の草花、鳥獣、おめでたい柄などが選ばれます。
金箔や丁寧な刺繍を施し、品格ある華美な柄付けが特徴です。

なぜ未婚女性が着用するのか

振袖は未婚女性が着用する着物、という由来は、江戸時代にさかのぼります。
当時の踊り子たちが舞台で様々な表現をする際、袖を振って愛情を示したり、袖にすがって哀れを表すなどしていました。
当時の若い女性は、こうした舞台の踊り子さんたちの様子をみては真似をして非常に流行したそうです。

これによって振袖は若い女性が着用するものという風習が自然にできたといわれています。
また袖を振る事が厄払いに通じるという事で、清めるという意味でも利用されるようになり、成人式、結婚式のお呼ばれの際などに着用するようになったのも、人生の中で門出といえるよき日に、身を清める、厄をのけるという意味で振袖を着るようになりました。

また振袖の袖は足首に触るほどに長いといわれます。
振袖の袖は大きく脇が開いているので、体温が大人よりも高く特に代謝の激しい16歳、17歳くらいの男女共に、体温を保つために作られた着物です。
振袖が作られた当時、脇開けと呼ばれ、実は装飾面で美しいとか華美になるということで作られたわけではなく、体温を一定に保つという実用面で作られた着物なのです。

振袖の三つの種類

大振袖は通常、紋を5つ付けて絵羽模様と呼ばれる全面に柄のある着物が正式なものとされます。
しかし現在、紋を付けることは少なくなっています。
昔は結婚式の際、花嫁が着用する着物として作られたものですが、最近は成人式でも大振袖の利用が多くなっています。

中振袖は成人式で最も利用されることが多かった袖丈の振袖で、結婚式のお呼ばれなどでも着用されることが多い着物です。
袖丈は76cm、大振袖の半分くらいです。
大振袖の次の礼装であり、昔の人は今と比較して身長が低い人が多かったため、この中振袖を成人式に着用される方が多かったのですが、最近は以前よりも身長が高いので、多くの女性が大振袖を着用します。

小振袖は振袖の中でも最も気軽に着用できるもので、パーティーなどの席で扱いやすい振袖です。
小振袖はあまり市販されておらず、袖丈寸法を指定して作ります。
袖丈が短い、でも振袖としての柄、美しさ、若々しい雰囲気があるのでとてもキュートなイメージです。