小紋

気軽に着用できる着物

着なれている人にとって、どんな場所でも対応できる着物はTPOや規則などを理解していれば本当に使い勝手のいい服装だと思いますが、着物をどんなふうに着ていけばいいのか、場所によってどのようにコーディネイトすればいいのか、知らなければ挑戦する勇気を持てません。

そんな着物初心者の方でも気軽にチャレンジできるのが「小紋」なのです。
小紋というのは着物の全体に同じ模様が施されている着物で、柄は一方向を向き繰り返し利用されています。
片染という柄付けで作られているものがほとんどで、様々な種類があり、年齢を問わず幅広い利用ができる魅力的な着物です。

もちろん、身内の結婚式など礼装が必要な場所に着ていくことはできませんが、お出かけ着として、お食事会にいったり気軽なパーティーに出かけたり、おけいこ事や初詣にもどんどん利用してほしい着物です。
こうした小紋を何度も着ていくうちに着物にも慣れていきますし、着こなし方や礼儀、規則などもしっかり覚えていくことができるでしょう。

小紋は使い分けできる便利な着物

小紋は使い分けできる優秀な着物です。
普段着でももちろんいいですし、セミフォーマルまでこなせます。
小紋の柄によりますが幅広い使い方ができる使い勝手のいい着物です。
着物を楽しみたい、着てみたいと思う方はまず小紋から挑戦していくといいでしょう。

帯を上手に利用するとより一層小紋の着方に幅が生まれます。
通常袋帯をあわせることはありませんが、総柄小紋で泊が入り豪華なイメージの着物には袋帯をあわせるという事もあります。
この場合、格式の高い名古屋帯などをあわせるとより一層品よく仕上げる事が出来ます。

拍が入らないカジュアルイメージの顧問には金地などのおしゃれなイメージの帯をあわせると素敵です。
帯一つ変えることでイメージを変えることができるのも着物の優れた部分です。
上手に帯を変えてシーンに合わせた装いをしましょう。

小紋の種類を知っておこう

小紋には様々な柄があり、それがまた魅力となっています。
柄によって豪華にも感じますし、キュートなイメージにもなります。
江戸小紋は色無地のような感覚で扱える小紋で、細かい模様が型染めされている着物です。
柄が非常に細かいのでぱっと見た時には無地に見えますが、よく見ると柄が入っていることがわかるという着物です。
柄が細かいほど、江戸小紋でも質がいいものとされます。

江戸小紋は江戸小紋三役と呼ばれる特徴的な柄があります。
行儀、角通し、鮫と呼ばれる柄です。
鮫はサメ肌のように非常に細かい模様が入っているもので、特に細かく柄が入っている江戸小紋を極鮫と呼んでいます。

細かい正方形が規則的に整列し総柄となっているのが角通しです。
小さい霰が斜めに、規則的に並べられている柄が行儀です。
角通し、行儀は特に無地に見えるので扱いやすい着物で、帯なども合わせやすく利用範囲が広い着物です。

小紋等の着物でも、全く着物を着たことがないという方は帯のあわせ等コーディネイトに困ってしまう事があるかと思います。
着付けの先生や着物のお店の方に相談するなどして、少しずつあわせ方を理解していくといいでしょうし、着物を着ている女優さんの写真などを参考にしていくのもいいでしょう。