羽織

羽織はジャケットと同じ使い方

羽織は着物の上に着るもので、普段着用する羽織から正式な場で着用する格式のあるものまで色々な種類があります。
体温調節の意味もありますが、コートなどのように室内でも脱ぐ必要のないもので、装いに変化を付けたい時にも利用できます。

女性用と男性用があり、女性用には本羽織、中羽織、茶羽織等種類があります。
女性の礼装といえば、振袖、留袖、訪問着等「帯付」の装いにします。
男性の場合、礼装は紋付織袴、女性は小紋の上に羽織を着ることで準礼装という装いにまで格をあげてくれます。

これは本羽織を着た場合で、中羽織、茶羽織は礼装にならず、防寒などのために利用する上着というイメージです。
元々羽織は男性のものでしたが、それをみた女性が寒い時自分たちも着たい!と着用し始めたのです。

もともとは男性のもの

寛永年間、裕福な町人たちが小紋などの縞地の羽織を着用するようになって、その後、男性が丈の長い羽織でおしゃれを楽しむようになります。
すぐに脱ぐことができ温かく、そしてカッコいい、当時の男性たちは粋に着こなしていたのです。

寒い時、非常に重宝している姿を見て、女性が黙っているわけがありません。
女性も次第に羽織を着たいと言い出し、深川の芸者さんが着始めると次々に女性たちが羽織を着始めました。
当時の呉服店では女性物の羽織を必死に売りましたが、実はこの当時、男性の羽織以外、幕府が許可していなかったので女性は隠れて着用するしかなかったようです。

女性が堂々と羽織を着用できるようになったのは、明治時代に入り四民平等となってから・・・という事なので、かなり時間がかかってのことだったのです。
寒さ除け、おしゃれに明治時代に入り、ようやく誰もが羽織を楽しめるようになったのです。

私たちが知る羽織は中羽織か茶羽織

私たちがよく知る着物の上に着る羽織は、中羽織、茶羽織です。
中羽織は膝丈、袖部分にマチ、褄があります。
黒紋付きとは違い、柄付けが大げさでなく、着物の模様を引き立てることができるように落ち着いた風合いです。

茶羽織は中羽織と同じようなイメージですが、マチ、褄がありません。
家庭内で防寒目的に着用する羽織です。
よく温泉旅館で浴衣の上に着るようにと茶羽織を置いてありましたが、最近は空調などがしっかりしているので、旅館内の温度調節ができていて羽織を置く所も少なくなっています。

本羽織は女性が着用する場合、既婚女性のみ

本羽織は長羽織とも呼ばれ、黒一色の黒紋付き、色一色の色無地紋付、全面に絵羽模様を施した本羽織などがあります。
この本羽織は女性が着用する場合、既婚女性鹿着用しません。
着物の格をあげるために着用するものです。

黒紋付き、色無地紋付は結婚式などに、絵羽模様の本羽織は正月、観劇などに着用していける格式の高い羽織です。
元はお尻がすっぽり隠れる丈が一般的でしたが、現代は着物のおよそ7/10くらいの丈が主流です。
本羽織でもかなり丈の長いものが流行っているので、現在、中羽織の長い丈のものを本羽織と呼ぶこともあります。