付け下げ

便利な着物「付け下げ」

訪問着よりはお呼ばれ着として略式になりますし、小紋よりもちょっとよそいき、そんな位置づけにあるのが付け下げです。
どのような付け下げを選ぶかによって、訪問着にも利用できますし、小紋のようなイメージで利用する事もできる非常に便利な着物です。

付け下げはパーティーや他家への訪問、入学式や食事会、お茶会等、多種多様な場所にお出かけ、お呼ばれする際に利用できる着物で、コーディネイトの仕方によって様々な楽しみ方ができます。
帯一つ変えることで使い分けの出来る付け下げは一つ持っておくと重宝する着物です。

付け下げはこういう着物

着尺である、これが付け下げのもっとも特徴的な部分です。
訪問着は着物の形で仮仕立てしたものがお店で販売されていますが、付け下げは反物、つまり着尺で販売されています。
また柄の特徴としては、左右の身頃、硬から袖などにかけての模様が繋がらない、模様がすべて肩山を向いている、飛び柄、ポイント柄がほとんどで、胸と衿の模様もつながらないという特徴があります。

ただ最近は裾全外の模様が繋がっている柄付けでの捜索も多く、こうしたものを付け下げ訪問着といい、訪問着として利用する事が出来るものもあります。
通常、反物で販売されていることが多い付け下げですが、最近は仮絵羽で販売されていることも多いので、衿から胸の模様が繋がっていないなどを見てみると違いが分かります。
小紋との見分け方は、柄の向きで判断できます。
付け下げは肩山に向かって模様が常に上を向いた状態です。

帯を変えて違いを出す

付け下げは帯を変えることによって様々に変化してくれる着物です。
帯びの組み合わせは付け下げの柄行き、TPOなどを考慮しながら決めていくといいでしょう。

例えばフォーマルなお席に着ていく付け下げ訪問着なら、フォーマル向きの袋帯がいいでしょう。
飛び柄で金彩を施した格調高い柄付けなら、帯をフォーマルな席に相応しい袋帯にすることで対応できます。

おしゃれなイメージのある袋帯なら付け下げと組み合わせることで同窓会や観劇など華やかなお席に向く着方となります。
織りの名古屋帯を利用する事で食事会、お茶会などの控えめな印象で訪問したい場所にあった着方になります。
仰々しいイメージにならないので、品のある装いになります。

付け下げというと袋帯や織りの名古屋帯を利用してイメージを変える方が多いのですが、染め名古屋帯は柄等が季節感のあるものが多いので、フォーマルなお席などには不向きです。
組み合わせによってTPO似合わないものとなりますので、コーディネイトに慣れていない方は、お着物のお店の方に、着ていく場所などを伝え、どのような帯がいいか相談されるといいでしょう。