結婚式

e23e233d0d21a5889e8aa7a90c6a63b9_s

伝統的な結婚式

現在では結婚式のスタイルも多種多様になりました。
しかしキリスト教式のウェディングスタイルをとる人が主流になりつつあるようです。

一方で昔ながらの和婚で結婚式を執り行うカップルも少なくありません。
和婚のいい所は神前式で行われるような、親族盃の儀をはじめとして
家族などの列席者と一緒になって結婚式を作り上げる所です。

大事な人と一緒に儀式を進めることによって、
周りとの絆を改めて実感できるのではありませんか?

また和婚の中には、参進と呼ばれる儀式を執り行っている所もあるようです。
参進とは新郎新婦がまず結婚式の会場に入場し、後に列席者が続くスタイルをさします。
このようなスタイルで結婚式を行うことで外野から結婚式の模様を見守るのではなく
自分も参加できるので、列席者にとってもいい思い出になります。

結婚式のスタイルについて、これから考えようと思っている人はいませんか?
そのようなカップルがいれば、和婚のスタイルも十分検討の余地がありませんか?

和婚とは

和婚とは文字通り、和のエッセンスを取り入れて結婚式を執り行うことをさします。
結婚式のスタイルとしては、神前式や仏前式のように神社仏閣で執り行われることが
多いです。また最近では人前式を和婚スタイルで執り行うカップルも増えています。
和婚のスタイルは以下で詳しく紹介しているので参考にしてみてください。

参考:WAKON STYLE

ちなみに花嫁衣装は白無垢や色内掛け、
引き振袖といったものを身に着けるのが一般的です。

一般的なウェディングの披露宴会場はホテルや結婚式場になります。
しかし和婚の場合、料亭や旅館といったところが会場の候補になります。

和物料理を中心として、華やかな器に繊細に調整された味を堪能できます。
全てを和のエッセンスで構成するものはもちろんのこと、
どこか一つに和のエッセンスを入れても和婚の一種になりえます。

洋風を取り入れる

最近では和風のエッセンスを取り入れた
和婚のスタイルもポピュラーになってきています。
たとえば結婚式はウェディングドレスを着たいのでチャペルで行って、
披露宴は着物を着用するといった要望を持つカップルは多いです。

また白無垢にあこがれるけれども日本髪にするのは時間がかかりそう、
カツラを装着するのは嫌という女性も見られます。その場合には
洋風のヘアスタイルに白無垢をコーディネートするような所も見られます。

このように洋風のアレンジを加えることでバリエーションは
さらに厚みを増しますし、オリジナルの結婚式を確立できます。

昔ながらの和婚は両親や年配の方には親しまれる結婚式のスタイルです。
周りの人と一緒になって結婚式を作りたいのであれば、
和婚のスタイルも検討してみる価値は十分あるはずです。