七五三

3e53a70962dd602460370d28c5a11a98_s

七五三の概要

男の子の場合3歳と5歳、女の子の場合3歳と7歳になったところで
詣でをさせる家族の姿を見かけたことはありませんか?

このような風習のことを七五三といい、
皆さんが子供のころに参加した思い出があるという人もいるでしょう。
子供の成長と幸福を祈るための儀式で、関東を中心とした風習でしたが
いまや日本全国で行われています。

七五三は、特に決まった日付のあるわけではないです。
11月の期日に行えば別に問題はありません。

しかし七五三というと11月15日というイメージを持っている人はいませんか?
これはなぜかというと、徳川3代将軍の徳松という子供のお祝いが11月15日に
行われたことがルーツとなっているといわれています。

3歳と5歳、7歳といった感じで2年ごとに行われます。
たかが2年という感じもしなくはありませんが、
たった2年でも子供たちはグングン成長します。

子供の成長を実感するという意味でも、子どもたちだけでなく
親御さんにとっても意味のある儀式ではないでしょうか?

七五三の服装

最近の親御さんを見てみると、形に妙にこだわるケースも多いようです。
七五三になると豪華な服装を子供たちにさせないといけないと思っている人も
多いようですが、そもそものしきたりは決して着飾れとは言っていません。

3歳児の場合、里方から祝い着がお宮参りの時に贈られます。
これを着用して臨むのがそもそものしきたりです。

男の子の場合には、紋付熨斗目模様、
もしくは色無地紋付羽二重の着物に揃いの羽織というのが一般的なスタイルです。
そこに袴は仙台平のものでコーディネートします。

女の子の場合には、友禅模様の着物に結び帯を着用します。
ちなみに3歳の時の服装は、結び帯の上に被布を着せても構いません。

母親は付添いとして、この格好に合わせる必要があります。
黒留袖や色留袖、訪問着といったフォーマルな格好をするのが、昔ながらのしきたりでした。

しかし現代はここまで厳格なルールというものはありません。
一般的には和装をするのがしきたりですが、洋装で七五三のお祝いをしても
決しておかしくはありません。ドレスなどを着用するのもいいですが、
シンプルで子供らしさの引き立つようなコーディネートを考えてみましょう。

お参りする

七五三のお参りをする時には、両親だけでなく
祖父母にも参加できるのであれば参加してもらうようにしましょう。
11月15日というのは、別に決まったルールではないと先に紹介しました。
その前後の土日で、天候のよさそうな時にお参りしてください。

手洗い所で手と口を清めます。
そして鈴を鳴らして、二拝二拍手一拝という拝礼の流れでお参りしましょう。
このような経験はなかなか子供の時にはできないので、
やり方を子供に教える絶好の機会といえます。