節分

ab9a40c2af393d5ccba8cfa0ce1f741a_s

1年に4回ある?

節分というと、2月の上旬に行われるものという印象を持つ人もいるでしょう。
しかし厳密にいうと、1年に節分は4回あります。

節分という文字を見ればわかるように、季節を分けるという意味合いがあります。
このため立春の他にも立夏や立秋、立冬の前日も節分の季節になるわけです。
ではなぜ立春の節分が年間行事として定着したのでしょうか?

立春は1年の始まりという重要な意味合いがあります。
この重要性がかんがみられ、江戸時代以降は節分というと
春の節分の2月3日のことと人々の意識に定着するようになったわけです。

立春は24節気の中の一つで文字通り、春の訪れを意味しています。
この24節気は古代中国で生まれたもので、節分は中国も密接な関係性があるとも言えます。

豆まき

節分というと豆まきをイメージする人も多いでしょう。
この豆まきですが、適当に豆をまいている人も多いようです。
しかし豆まきには正しい作法があるので、しっかりとマスターしておきましょう。

まず豆まきに使う豆ですが、何でもいいわけではありません。
炒った豆を準備するのが必須の条件です。

そして2月3日の夜までに、三方と呼ばれる供え物のための台
もしくは升の中に入れて、神棚に供えておかないといけません。

「鬼は外、福は内」ということで鬼を退治するために豆まきをします。
そこで鬼が忍び込んでくるタイミングで豆まきを行わないと意味がないわけです。
鬼は通常真夜中に忍び込んでくるものなので、夜、家族全員がそろったところで
行わないといけません。

鬼は玄関以外でも窓などいろいろな所から侵入してくる可能性があります。
侵入しそうな箇所すべてに対して、豆まきをするのが本来の節分の豆まきです。

豆まきですが、誰がやるかももともとは決まっています。
通常は、その一家の長が行うルールになっています。
その他には年男や年女、厄年の人が豆まきをするケースもあります。

最近では季節の風物詩という感じで、伝統風習という意味合いが多少薄れています。
ですからあまりしきたりにこだわるのではなく、家族全員で肩の力を抜いて
楽しむというのも決して間違っていません。

鬼は外NG?

通常一般的な節分の豆まきでは、「鬼は外、福は内」という掛け声で豆を撒くはずです。
ところがこの鬼は外がNGとなっている神社仏閣も日本全国にはあります。

どういうことかというと、御祭神や御本尊の中には鬼と関連している神社仏閣も多いからです。
そうなると鬼は外と言ってはいけないわけです。

鬼というと悪者というイメージを持っている人もいるでしょうが、
鬼神と言って災厄を払ってくれるいい鬼もいます。
鬼子母神を祭っている所などでは、鬼は外はNGになるので少し注意してみてもいいでしょう。