元旦

f76210a3957c55da0a74d7149e19f6a5_s

大掃除

年末になると大掃除をしようということがよく言われるはずです。
この大掃除は元旦を迎えるにあたって重要な行事なのです。

元旦とはそもそも、年神様という信念の神様がやってくる時期と言われています。
年神様は1年の幸福をもたらすといわれています。
この年神様をおもてなしするために大掃除を行います。

この1年間に溜まったほこりをしっかりと払い、隅々まできれいにして年神様を迎えます。
そうすると年神様はよりたくさんのご利益をしてくれるのです。

ちなみに大掃除は12月13日に江戸城で行っていたすす払いがルーツと言われています。
このすす払いから正月の準備が始まると考えられていて、12月13日のことを正月事始めとも言います。

大掃除をしないといけないと思うと作業に時間がかかり、面倒くさいと思ってしまいがちです。
しかしこのように年神様を招くための準備といわれると、少しヤル気も起こりませんか?

おせち料理

元旦から三が日は、自宅でおせち料理を食べるという人も多いはずです。
ところでなぜ正月になるとおせち料理を食べないといけないのでしょうか?
このおせち料理も、年神様と密接な関係にあります。

年神様に備えるために、供物料理の一種なのです。
おせちというと正月の食べ物というイメージがすっかり定着してしまいましたが、
もともとは季節の節目に提供していたものをさしました。
お節と、節という言葉がついているのもこのためです。

おせち料理というと、作り置きの出来るものが多いなという印象を受けませんか?
これはなぜかというと、かまどの神様にも正月はせめて休んでもらいたいという
意味合いがあります。

おせち料理にはそれぞれ、家族の繁栄につながるような縁起物の意味合いがあります。
そしておせち料理は通常、重箱に詰めるはずです。これはおめでたいことが重なるように
という意味合いがあってのことだといわれています。

またおせち料理とともに元旦の料理で欠かせないのが、雑煮です。
この雑煮も年神様に供えた餅を下ろしていただくという目的があって食されます。
お餅を食べることで、ご利益を頂戴するという意味合いがあります。

ちなみにこのお餅を食べるというのは、合理的な理由もあったようです。
酒宴の前にお餅を食べることで、胃の状態を安定させる、保護するという
意味合いがあったとも言われています。

年賀状

正月になると普段お世話になっている人や友人に対して、
年賀状を出す、もしくはもらうという人も多いでしょう。

そもそも年頭に祝賀を交わすことを目的としたもので、
元日に実際にお世話になっている人の所に出向いて挨拶をするのが正しい方法でした。
しかしそれではなかなか大変だということになり、手紙で祝賀を交わす年賀状が
生まれたとされています。

ちなみに元日と元旦を同じような意味と思っている人もいるでしょう。
厳密には違って元日は1月1日のことで、元旦は1月1日の朝を意味します。