曽根崎心中 「歌舞伎の演目」

曽根崎心中とはどういう物語なのか

曽根崎心中というと元々人形浄瑠璃として演じられてきた作品で、このお話は実話をもとに作られたお話です。
近松門左衛門という方が作られた作品で、実際に起きた悲しい心中事件を取材して作られました。

天満屋で働く遊女お初と醤油問屋で働く徳兵衛はやがて恋仲になります。
遊女として働くお初を見受けしたいものの、そのお金を持たない徳兵衛は秘密の恋を重ねるしかありませんでした。

徳兵衛が働く店の主人、久右衛門から持参金月の縁談を持ちかけられ、徳兵衛の継母は徳兵衛にこれを知らせることなく承諾し、持参金銀二貫目、約240万円もの大金を受け取ります。

徳兵衛がこれを断ると久右衛門はお初のせいだと持参金の返済を迫り、挙句の果てには大阪から追い出してやると息を巻きます。
生玉神社でお初に巡り合い、もう会う事が出来ないと徳兵衛は嘆きますが、お初は二人の仲はこの世だけではない強いきずなを持っていると励まします。

しかし徳兵衛はやっとの思いで継母から取り戻した二貫目のお金を、やりくりに困っている親友の油屋九平次に貸してしまい、期日が来ても返済してくれないという事情を持っています。

ちょうど出会った九平次に徳兵衛は証文をもって返済を求めますが、九平次は証文に押されている印半を先日紛失したものと嘘で大騒ぎし、証文を偽造した犯罪者徳兵衛としてしまいます。
徳兵衛は大勢の前で散々に痛めつけられ詐欺の濡れ衣まで着せられてしまうのです。

商人にとってこの詐欺とされたことは嘘であっても商人の面目をつぶすことに値し、ここで徳兵衛は死を覚悟します。

天満屋でのやり取りが泣かせる・・・

歌舞伎の一場面でもこの場面は非常に泣かせるといわれていますが、徳兵衛の身を案じ心配していたお初は天満屋の門口に立つ傷だらけになった徳兵衛をみつけ、店の縁の下に隠します。

酔った九平次が訪ね徳兵衛の悪口を並べ立て、縁の下で聞いている徳兵衛は怒りに震え出てこようとします。
しかしこれをお初が必死に「足で」とめ、九平次に向かい「とくさまは死なねばならぬ」といいつつ、縁の下にいる徳兵衛に心中の覚悟を問いかけます。

徳兵衛はお初の足を喉元に見立て、刃物をそこに突き付けて同意を示します。
夜が更けるとお初と徳兵衛が天満屋を抜け出してから、九平次の悪巧みが知れることになり、徳兵衛の無実が明らかになります。

天満屋に居合わせた久右衛門はそこで二人を添わせる覚悟でいたと明し、門口に立って「死ぬな」と叫びますが、二人は曽根崎の森の中で心中をとげてしまいました。

復活上演の際に評判となった足の演技

江戸時代、初演を含めて数回だけで禁止となったお話です。
来世で二人の愛がむすばれると曽根崎心中をまねた心中事件が多発したことで、江戸幕府は上演、脚本の執筆などを禁止しました。

心中物の一報が生存した場合、極刑を申し渡し、さらには双方が生存した場合、さらし者として市民権まで奪い、心中で死んだ遺体は親族に渡すことなく葬儀も禁ずるなど苛烈は処置を行ったという背景があります。

その後、話が美しいということもあり歌舞伎狂言作者の宇野信夫が脚色し、復活したといわれています。
東京新橋演舞場で、中村雁治郎と中村扇雀が演じました。