歌舞伎の誕生について

歌舞伎はどのようにして生まれたのか

今歌舞伎は近年にないほど盛り上がりを見せています。
以前は若い世代にとって歌舞伎は、日本伝統文化であっても意味が解らず、観にいってもそれほど楽しくないだろうと感じていました。

しかし現在は若手歌舞伎役者がメディアにどんどん登場し、歌舞伎の世界以外にも映画、ドラマ、バラエティ、さらにコマーシャルと活躍の場を広げています。
こうしたこともあり、歌舞伎は若い世代にとっても非常に近い存在となってきたのです。

歌舞伎の歴史は古く、1603年、慶長8年という時代の出来事が書物に記述されています。
当代記という書物に、この頃、かぶき踊りというものが踊られ、出雲の巫女を名乗る「国」という女性が京に上って変わった風体男の扮装をして踊ったという記述が遺されています。
歌舞伎の歴史上には出雲の阿国という名で呼ばれています。

変わった風体の男の扮装とはどのような扮装なのか

実はこの変わった風体の男の扮装というのがかぶき者と呼ばれていて、世間の秩序における通常の行動ではなく非常に変わったことをする男として「傾く」者、かぶくという動詞から生まれた言葉でした。

出雲の阿国の踊りは京都国立博物館所有の阿国歌舞伎図屏風にも描かれている通り、当時のかぶき者をまねた男装で、茶屋で遊ぶ男を演じたものでした。
これが世間の人たちに大人気となってこのかぶき踊りは一斉風靡したのです。
かぶき踊りこそ、歌舞伎の歴史のスタートだったというわけです。

遊女や女性芸人一座が歌舞伎を大きく広めた

出雲の阿国がかぶき者を演じてからこのかぶき踊りが大人気となり、遊女が真似、また女性芸人一座がたくさん登場しました。
この当時、阿国をまねて踊ったかぶき踊りの事を女歌舞伎と呼ぶようになり、京ばかりではなく江戸、さらにそのほかの地域でも興行され流行し始めます。

しかしこの女歌舞伎は1629年、寛永6年ごろに風俗を乱すものとして禁令となり次第に姿を消していったのです。
この禁令によって女性がこうした演劇的なこと、踊りが出来なくなったことで前髪が残る成人前の少年たちが演じ始めます。

この若衆歌舞伎は一気に人気が出たのですが、これもまた風俗を乱すとして、1652年、承応元年あたりから禁令されました。
以降、前髪をそり落とした大人の男性、野郎頭(やろうあたま)が演じるようになり、野郎歌舞伎と呼ばれるようになります。

若衆歌舞伎時代にも女性を演じる女方がいたのですが、技術よりも容姿が重視されていて踊りによって技術的に女性を体現するということではなかったようです。
野郎歌舞伎になって女方を演じる俳優が技術的に美しく女性らしい演技を見せるようになり、本格的に女方も発展していったようです。

初代市川團十郎登場により一躍盛り上がった歌舞伎の世界

元禄年間当り、歌舞伎は江戸、上方(京都大阪方面)でそれぞれに御菊発展、江戸では荒事を得意とした初代市川團十郎が大人気となります。
荒事というのは現在でも歌舞伎の大きな魅力となっている見得、六方を演じ、また隈取など扮装で荒々しさ、豪快さを芸としたものです。

初代の死後、2代目市川團十郎によってこの荒事は見事完成され、現代でも市川家の十八番として知られています。
こうして女性の演技者より始まったかぶきは、現在、長き歴史を切らすことなく続く、歌舞伎の名家によって受け継がれ、歴史としきたりを重んじる世界の中で演じられる美しい日本の演劇として世界中のファンたちを魅了し続けているのです。