食事内容やボリュームの違い

5c0e525c18e4ebf2f3ff16eb65364472_s

日本サイズ、欧米サイズ

日本に初めてハンバーガーチェーンの企業が進出してきたとき、
本場アメリカに比べて全然ボリュームが少ないことがよく批判的に取り上げられました。

例えば購入できるドリンクやポテトのサイズを比べても、
日本でのLサイズがアメリカではMサイズくらいで、
全体的に一回りずつ小さくされて日本に輸入がされてきているようです。

そのこともあって、日本からアメリカに旅行や留学に行って、
日本と同じ感覚でファストフードを注文すると、そのサイズの大きさに驚いてしまいます。

映画館でポップコーンを注文した日には、まるでバケツかと思うほどの大きさで
出されてくるのでとても2時間くらいの上映時間では食べきることはできません。
ピザにしても、他のデリバリー向け食品にしても、同じくらいの価格で
何でも巨大な食べ物が出されてくるというのが、アメリカの一般的な食事情のようです。

ではその食べ物の内容はどうかというと、一言で表現すれば
「高カロリー・高脂質」ということにつきます。ほかにも付け足せば、
甘い食べ物がとんでもなく甘く、バーガーなどにはほとんど全く野菜らしきものが
入っていないということも特徴です。

日本から海外でロングステイする人の多くがいつのまにか自炊を選ぶようになるというのも、
この大味に体がついていかなくなり、しょう油や味噌のようなささやかな味付けが
どうしても恋しくなってしまうからという理由があるようです。

海外で日本食を食べるには

海外においても日本食を食べることができるレストランももちろんあります。
代表的なものが「SUSHI(スシ)」ですが、日本におけるお寿司と海外、
特にアメリカにおける寿司はかなり形や味付けが変わっています。

代表的なものが海苔巻きで、日本においては海苔巻きというと
ごはんが内側に入った表面が黒い海苔に包まれたものを想像しますが、
これはアメリカ人にとってはあまり好ましくない食べ物だったようです。

というのは、欧米諸国などでは黒いもの=悪いものという伝統的な考え方があるらしく、
黒いものを食べるということは心理的な抵抗が強いようです。

そこでアメリカに渡った日本人の寿司職人さんが考えだしたのが、
ごはんの内側に海苔が巻かれるタイプの「外巻き寿司」と呼ばれるものです。

日本でも最近では定番の巻きずしメニューとして定着してきています。
白いごはんが表に出るだけで、それまで悪いイメージを持たれていた巻きずしが
飛躍的に人気の食べ物になったのだといいます。