うどん

つるりと喉ごしがよく食べ方もいろいろ

うどんはお汁につけていただいてもおいしいですし、柔らかく煮こんで食べてもおいしい、野菜とお肉とうどんを一緒に焼いて、ソースや醤油で味をつけた焼うどんも最高です。
小麦粉に塩水を加えて練り、切って細くしたものを熱湯でゆでて出来上がるうどんは、日本人の大好きな主食の一つといっていいでしょう。

かつおだしの醤油で味を付けたお汁をかけてかけうどんとしていただいてもおいしいですし、最近はレタスやキュウリなどと一緒にうどんを皿に盛って、かけつゆをかけてその上にマヨネーズをかけるサラダうどんなども、夏場さっぱりいただけるメニューとして人気があります。
色々な食べ方ができるシンプルな食材、うどんは消化がよく風邪の時などにも重宝します。

讃岐などうどんが名物の地域も多い

一番人気があるうどんといえばやはりコシが強く風味もよく味わいの深い讃岐うどんが有名です。
香川県讃岐地方で作られたうどんですが、この地域の小麦粉は温暖で雨が少ないという小麦粉づくりに適していて、瀬戸内独特の環境で成長した質の高い小麦粉と、地下水脈から得たミネラルたっぷりの良質の水が非常においしいうどんを作り出します。

讃岐うどんはそのコシの強さと味わいで全国的に大人気となり、今では讃岐にうどんを食べに来るという人もいるくらいです。
うどんは今、海外の方も注目していて、世界各国にうどんのお店が誕生しています。

うどん発祥の地、讃岐

うどんは奈良時代、中国から伝来した唐果子(からくだもの)と呼ばれるものの一種、「こんとん」であると伝えられています。
あんの入った団子のようなものだったのですが、いつしかこの「こんとん」と呼ばれる食べ物が、温かい汁につけて食べる「温飩」(おんとん)という食べ物へと変化し、それがおんとん、うんとん、うどんと変わっていったと伝えられています。

また讃岐には弘法大師・空海に関する言い伝えがあり、空海が遣唐使と共に中国へ渡り、うどんの技術を故郷である讃岐に持ち帰り、貧しい人たちを救ったという言い伝えもあります。
いずれにしても、讃岐はうどん発祥の地ということには間違いがないといわれています。

現在のように、お汁の中にうどんを入れて食べる形になったのは室町時代で、江戸時代には庶民がうどんを食べるという習慣が根付いていたようです。
かつおだしと醤油で作った汁をうどんにかけていただくかけうどんが主流となったのは、醤油が全国で利用できるようになった頃、1688年くらいから1704年以降といわれており、現在のように天ぷらを乗せたり、卵でとじるといった調理法が出来たのは江戸時代中期から後期とされています。

関西風、関東風のだし汁

関西の方が関東のうどんを見ると、そんな真っ黒でしょっぱそうなうどん、食べられない!!と感じるようですし、関西のうどんは関東の人からすれば、味が薄くて食べた気がしない・・・なんていいます。
関西はお吸い物のような出汁の味でうどんを楽しみます。
薄口しょうゆが利用されているのも、関東の人から見て薄い・・と感じるのも、瀬戸内海のおいしい魚、新鮮な野菜などが1年中、手に入り食材の風味が消されないようにとの配慮で関西風のかけ汁になったといわれます。

関東は濃口醤油によって味を付けるので、かけ汁が非常に黒っぽくなります。
具材に脂肪分の多い魚、また保存していた野菜などを利用するため、醤油で「ごまかして」食べるようになったからこのような汁になったといわれます。