おめでたい時に用意されるお餅

稲作が伝来してから東南アジアから伝わったとされるお餅、そのあたりは確かになっていませんが、お餅はお正月に欠かせないものですし、家を建築する際の棟上げ式で餅まきを行ったり、お祝いの際に紅白のお餅を配るなど、おめでたい席に欠かすことのできないものとなっています。

餅という字が記録の中に登場したのは、奈良時代、風土記に越後国に白い鳥が飛んできて餅になりそれから越後が豊かになったと記載されています。
その他、養老令と呼ばれる国の法律をかいた書物には、主菓餅「くだもののつかさ」という名称が出てきています。

平安時代には国の年間行事が決まったことでお祝いの食べ物として餅が、各行事に利用されたとされていますが、この当時、餅は貴重な食べ物で天皇、また貴族が口にできるものとされていました。
おめでたい席に餅が利用されるのは、この当時の名残といわれています。
庶民が餅を口にできるようになったのは江戸時代中期、稲作技術が向上し、たくさん米がとれるようになってからの事です。

餅を飾って家庭円満、めでたく年を重ねる

日本のお正月、各家庭で鏡餅が用意されます。
鏡餅をお供えし、その餅は鏡開きの際、食べやすく砕いてお汁粉に入れたり、油で揚げておかきとしていただいたりして、神様にお供えした餅を食べることで祝福を受け、幸せに暮らそうという願いが込められています。

鏡餅というのは、丸い餅の形が昔利用していた銅鏡に似ているということでそう呼ばれるようになったという説、また鏡という文字が鑑みるという言葉なので文字の意味通り、「よい手本や模範にてらし物事を考えるように」ということから、かんがみもち、それがいつしか鏡餅と呼ばれるようになったという説などがあります。
鏡餅が丸い形をしているのは、角がなく家庭が丸くうまくいきますように、大小2つの丸餅を重ねるのは、幸せが重なるという意味を持っているともいわれます。

鏡餅は一般的に1月11日に鏡開きを行って、鏡餅を神様からおさがりとしていただき、割ってみんなで分けていただくという事になっています。
なぜお餅を割る・・・という言い方、行為になったのかというと、もともと神様にささげた物に刃物を充てることが、祝福に魔を指すことになると考えて、切るのではなく割るとしています。
鏡餅は手でちぎって小さな餅にしていただきます。

なぜ餅というのか

餅という言葉についても諸説あり、望月からきているという説、持ち歩くご飯からきているという説、さらに中国・台湾語からきているという説などがあります。
望月というのは満月という意味で、満月のように丸い形を、幸せの形と古くから考えられてきました。
太陽や月は信仰の太陽となる事もあり、恩恵を受けて暮らしているという事もあり、祭の際などに利用する餅は円にしていました。
満月の望月から「望」(もち)と呼ぶようになったのではないかという説があります。

昔は冷蔵庫なども無く保存技術も全くなかったので、持ち歩くことのできる食材は限られていました。
しかし餅は、腐りにくく弁当として持って歩くこともできるとして重宝されていたのです。
そこで持ち歩くご飯ということでいつしか餅と呼ばれるようになったという説もあります。

さらに、中国・台湾語の言葉、「モチアイ」という言葉が餅になったという説もあります。
餅の事をこの辺りでは「モチアイ」というのです。
日本に餅が伝来した時、日本人がモチアイをモチと認識し餅と呼ばれるようになったという説もあるのです。