NINAGAWA十二夜 「歌舞伎の演目」

シェイクスピアのロマンティックコメディ「十二夜」 クリスマスから数えて12日目の夜に、東方の三博士がキリストの誕生を祝うために現れた、それが十二夜です。 エリザベス朝の当時、イギリスではクリスマスからこの日にかけて舞踏、 … “NINAGAWA十二夜 「歌舞伎の演目」” の続きを読む

四谷怪談 「歌舞伎の演目」

東海道四谷怪談、誰もが知る怪談の定番 この物語は会談として現代にも伝えられていますが、物語の中に庶民の暮らしなどが出てくるので、当時、江戸時代にどのような暮らしがあったのかという事を理解する作品ともなっています。 元々仮 … “四谷怪談 「歌舞伎の演目」” の続きを読む

曽根崎心中 「歌舞伎の演目」

曽根崎心中とはどういう物語なのか 曽根崎心中というと元々人形浄瑠璃として演じられてきた作品で、このお話は実話をもとに作られたお話です。 近松門左衛門という方が作られた作品で、実際に起きた悲しい心中事件を取材して作られまし … “曽根崎心中 「歌舞伎の演目」” の続きを読む

押戻 「歌舞伎十八番」

歌舞伎十八番「押戻」の歴史 歌舞伎の話型の一つ、また荒事芸の一つといわれるもので、享保12年年に江戸中村座において、国性爺竹抜五郎という演目の中で、2代目市川團十郎が演じた曾我五郎が初だしではないかといわれています。 赤 … “押戻 「歌舞伎十八番」” の続きを読む

鎌髭 「歌舞伎十八番」

切っても切れない景清の首・・・不思議なお話 鍛冶屋四郎兵衛が修行者の快哲の首を鎌で切ろうとしますが、切っても切っても快哲が不死身で切れないという実に不思議なお話です。 鍛冶屋四郎兵衛は仮の姿で実は三保谷四郎、修行者快哲も … “鎌髭 「歌舞伎十八番」” の続きを読む