曽根崎心中 「歌舞伎の演目」

曽根崎心中とはどういう物語なのか 曽根崎心中というと元々人形浄瑠璃として演じられてきた作品で、このお話は実話をもとに作られたお話です。 近松門左衛門という方が作られた作品で、実際に起きた悲しい心中事件を取材して作られまし … “曽根崎心中 「歌舞伎の演目」” の続きを読む

押戻 「歌舞伎十八番」

歌舞伎十八番「押戻」の歴史 歌舞伎の話型の一つ、また荒事芸の一つといわれるもので、享保12年年に江戸中村座において、国性爺竹抜五郎という演目の中で、2代目市川團十郎が演じた曾我五郎が初だしではないかといわれています。 赤 … “押戻 「歌舞伎十八番」” の続きを読む

鎌髭 「歌舞伎十八番」

切っても切れない景清の首・・・不思議なお話 鍛冶屋四郎兵衛が修行者の快哲の首を鎌で切ろうとしますが、切っても切っても快哲が不死身で切れないという実に不思議なお話です。 鍛冶屋四郎兵衛は仮の姿で実は三保谷四郎、修行者快哲も … “鎌髭 「歌舞伎十八番」” の続きを読む

不動 「歌舞伎十八番」

市川宗家成田山信仰に由来する歌舞伎十八番「不動」 元禄10年、江戸、中村座で初代市川九蔵(2代目市川團十郎)が兵根元曾我の中で演じたものが歌舞伎十八番「不動」の原型とされています。 大詰めになると役者が迫力ある不動明王に … “不動 「歌舞伎十八番」” の続きを読む

七つ面 「歌舞伎十八番」

2代目市川海老蔵が初演した七つ面とは? 歌舞伎十八番として数えられる七つ面は、姿観隅田川の中にある七つ面という演目です。 しかしこの姿観隅田川の台本が今に残されていないため、姿観隅田川の詳細はわかっていません。 ただ、歌 … “七つ面 「歌舞伎十八番」” の続きを読む